【男の育毛・ヘアケア】薄毛・ハゲ対策は早めに!!

男のヘアケアには育毛も含まれています。女性なら、髪のツヤ、髪の質、まとまり…など色々な角度からヘアケアがありますが、男ならではヘアケアといえば薄毛対策・育毛になります。一昔前までは薄毛・ハゲは治らない。。。どうしようもない。。。という事を言われていますが、最近ではそんな絶望的なことではありません。芸能人の薄毛の人が対策により、フサフサを取り戻したという例があるように、今や薄毛・育毛は絶望的なコンプレックスというわけではなくなったんです。

最近では男のハゲ・薄毛のことをAGAという名前で呼んでいます。AGAとは日本語に訳すと男性型脱毛症と言われています。ハゲ・薄毛というのは日本語で正式に(医療的に)は男性型脱毛症と呼ばれているのです。

男性型脱毛症と言うと長ったらしいので、AGAと呼ばれるようになっているのです。ちなみにAGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略になります。海外で主流になっている言葉で、どこの国でも男性の薄毛というのは強いコンプレックスである証明です。

AGAとはこういうハゲ方をする

img_section03_tcm13-6620

一言にAGAと言っても、色々なハゲ方、薄毛の進行具合があります。もちろん、その進行具合にも個人差があり、進行するスピードが異なったりもします。

前頭部(おでこ、剃りこみ部分)の薄毛

前頭部からくる薄毛はどちらかというと、欧米タイプになります。日本人でもいないわけではありませんが、比率的にいうとアジア人にはあまり見られないハゲ方が前頭部になります。また、一説では前頭部の薄毛は治りにくいとも言われています。

頭頂部(てっぺん、つむじ部分)の薄毛

頭頂部からくる薄毛は日本人(アジア人)の典型的なAGAと言われています。もちろん、欧米人や他の人種でも頭頂部から薄くなってAGAが進行していくというパターンもあります。一般的に頭頂部の薄毛は治療が効きやすいとも言われています。

前頭部×後頭部の薄毛

U字型の薄毛と呼ばれています。このパターンのAGAはいきなりというよりは、前頭部、後頭部のどちらから始まり、進行していってU字型になっていくようです。ですから、いきなりU字にハゲていくというのはほとんどないようです。

このように、一括りでAGAと言っても、3種類もありますし、その進行パターンはかなり多くあります。だからこそ、薄毛の治療は難しいと言われていたのです。個人個人によって薄毛が異なってくることから「コレ」といった治療がなかったのです。

なかったというと、少し語弊がありますが、昔の薄毛は絶望的だった理由は薄毛による個性が原因だったのかもしれません。

AGA(ハゲ・薄毛)は治るのか!?

otoko0557_LL

AGAは治るのか?と言うのが一番知りたいことだと思います。男性にとって治療ができる薄毛であれば、それはもはや強いコンプレックスや強い悩みではなくなると思います。

ズバリに言うと、AGAは治ったり、治らなかったりします。

要するに、治療にも個人差があるんです。これは、どんな病気でも同じように、人によって的確な治療は違ったりしますし、とても支持されている治療方法も個人差によって効き目が絶大だったり、イマイチだったりするようにAGA(薄毛)治療にも同じことが言えるんです。

確かに、昔ほどは治療の方法も多く、多くのパターンがあるのでAGAが治ったという人は少なくありませんが、絶対ではないというのが事実のようです。また、治療において良く言われているのは、初期段階だと可能性が高いということ。

治療よりまずは予防

最近では、治療よりも予防に心がける方が重要だと言われています。AGAの進行が進んでいる人は、これ以上進行させないように、まだまだ初期段階のAGA(ちょっと薄くなってきたかな~程度)人もこれ以上進行させないようにという事を心がける事が重要なんです。

治療の段階では方法も限られてきますが、予防も含めると多くの方法があります。上記で言ったようにAGAや薄毛は初期段階であればあるほど、治療も効果的と言うデータがでています。だからこそ、予防に気を使って早めの治療開始が重要になってくるんです。

初期段階のAGAを見抜くためにも予防

初期段階のAGAや薄毛を見抜くためにも、予防は重要な役割をしてくれます。特に、頭頂部のAGA・薄毛の場合は、頭皮や髪の毛、薄毛に対して気を使っていなければ、なかなか気づかない部分にあります。

一見、鏡で見るとなにも変わらないのに、頭頂部にスポットをあててみてみると薄くなっているということは良くある話です。これこそ、早期発見になるので、簡単な育毛ケアで元通りの頭皮・髪の毛が取り戻せる可能性が高いのです。

コレに気付かず、放置していてるとどんどん進行が進み、頭皮を集中してみなくても薄毛がわかるようなっている!!この段階で育毛を始めるとかなり厄介で、育毛が成功する可能性は初期段階よりは低くなってしまいます。

シャンプーに気を遣うのは無意味!?

薄毛の要望と聞くと、使っているシャンプーに力を注ぎがちですが、重要なのはシャンプーの後のケアになります。もちろん、シャンプーも重要ではありますが、シャンプーはほとんどの場合、可もなく不可もなくという商品がほとんどです。

薄毛の予防の為にプラスに働いてくれるシャンプーは少ないと言っていいでしょう。では、重要なのは何か?と言いますが、シャンプーをした後(風呂上り)のケアになります。通常、お肌で言えば、洗顔をした後には化粧水などをつけて肌を保湿させてケアすると思います。

薄毛の予防も全く同じことが言えます。髪の毛が生えてきている皮膚は頭皮です。人間の肌はどれも同じメカニズムで毛穴があり発毛しています。例えれば、頭皮は髪の毛を育てるための畑になります。野菜にしても、畑が弱っていると良い野菜は育ちません。それと同じく、頭皮の環境が悪いと髪の毛は生えるどころか抜けてしまったり、細い毛や抜けやすい髪の毛ばかりになってしまうんです。

そのためにも、シャンプーではなく、シャンプー後の頭皮のケア、頭皮の化粧水が重要になってくるんです。そして、その頭皮の化粧水にあたるのが育毛剤になります。これを継続的にやることで、頭皮の環境も整い強い髪の毛が生えてくるのです。

病院で行われるAGA治療

108a87503c362743efc9c098f979ce42

最近ではAGAクリニック、病院の薄毛専門科などが増えてきています。昔は、薄毛(AGA)に対して、専門の治療は存在していませんでした。しかし、昨今の医療研究によって病院で専門科できるほど、治療は確率してきているのです。

病院やクリニックで行われるAGA治療の基本は内服薬を使った治療になります。外科的なことはせずに、体の内部から薄毛・AGAを治療していくのが、現在のAGA治療の基本的な考え方になります。もちろん、上記でも言ったように頭皮のケアも重要視しています。

AGA治療の仕組み

AGA治療に仕組みは主に男性ホルモンと血流を軸にして行われています。これは、AGAの原因が男性ホルモンと血流にあるという考えから確率されています。原因を発見し、その原因を解決することで、治療は確立されているのです。

男性ホルモンを制御することでのAGA治療

男性ホルモンによってAGAが進行される理由に、男性ホルモン(テストステロン)の一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が深く関係しています。言うならば、ジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛の原因と言われています。AGA治療薬の中にはこのジヒドロテストステロン(DHT)を制御させるためのものがあります。この治療薬を使うことによって、薄毛の原因とされている物質を排除しているのです。

血流を活発にすることでのAGA治療

髪の毛の栄養はタンパク質で、タンパク質を主に作られています。そんな髪の毛の栄養素を運んでくる役割をしているのが血液であり、血流になります。AGAになる人のほとんどは血流がよくないというデータもあることから、血流を活性化させるためのAGA治療薬もあります。

どれだけ体内で髪の毛の栄養が作られようとも、髪の毛までその栄養が運ばれていなければ、作られていないのと同じです。そういった点でも血流はAGAの鍵を握る存在だと言われているのです。

薄毛の原因とAGA治療薬の仕組みについては以下のサイトを参考にさせていただきました。医療的な言葉を使わず、砕けた言葉回しで育毛や薄毛について紹介してくれているので、当サイトも頻繁に参考にさせていただいています。

最終的には正しいヘアサイクルが重要

img_section04_tcm13-6625

薄毛を改善するには治療や予防などがありますが、最終的にはヘアサイクルを正しくしてあげることが重要になります。ヘアサイクルとは髪の毛が生える時期、髪の毛が成長する時期、髪の毛が抜け落ちる時期、をぐるぐるサイクルすることです。

髪の毛のサイクル(ヘアサイクル)が正常でないとAGAや薄毛になってしまいます。ヘアサイクルが正常でないのは男性ホルモン、血流、頭皮環境に問題があるからと言う風に、最終的に執着するのはヘアサイクルになるんです。

ヘアサイクルに関しては人間のメンタルも関係しています。ストレスによる10円ハゲや抜け毛が多くなるというのは、ストレスによりヘアサイクルが正常に働かなくなるために起こることなのです。とても、ヘアサイクルはデリケートな存在なので、上記で言った男性ホルモン、血流、頭皮環境だけでなく生活習慣が深くかかわってきます。

だからこそ、薄毛予防で生活習慣の改善が強く進められているんです。AGA治療でも生活習慣の改善を言われることがあるくらい、治療にとっても予防にとっても生活習慣は重要なカギになっています。

ヘアサイクルが短くなるから薄毛になる

上記で説明したヘアサイクル。髪の毛が生える時期、髪の毛が成長する時期、髪の毛が抜け落ちる時期の3つをローテーションしてヘアサイクルは成り立っています。

①髪の毛が生える時期⇒②髪の毛が成長する時期⇒③髪の毛が抜け落ちる時期⇒①⇒②⇒③⇒………

薄毛やAGAになっている人は、このサイクルが極端に短くなります。これによって、髪の毛が抜け落ちるスピードに生えるスピードが追い付かなくなり、薄毛になってしまったいるのです。ヘアサイクルを正常化にするというのは、このサイクル期間を長く(正常)にするということです。

AGA判断!?薄毛予備軍を判断する!!

そもそも、なぜAGAになってしまうのかはわかりましたが、AGAや薄毛にならない男性も多くいます。AGAになる人、ならない人の判断基準はなんなのか?これがわかればかなり大きいと言えるでしょう。どの男性も薄毛予防をしておけば全く問題ない話なのですが,…

抜け毛の量には注意が必要

正常な人でも1日50本~100本くらい髪の毛は抜けると言われています。人間の髪の毛はおよそ10万本と言われており、その中のうち100本前後がヘアサイクルの流れで抜け落ち、生え始めます。しかし、AGAや薄毛予備軍の人たちはヘアサイクルが狂っているため、通常の人の2倍~3倍の抜け毛があるみたいです。

200本、300本近くも1日に抜け毛がある人は要注意人物だといってもいいでしょう。また、100本以上であり、自分の中でいつもより抜け毛が多い・・・と判断できれば、それも要注意になります。こういった抜け毛にも個人差があるので、きっちりとした判断は難しいですが、目安位にしてください。

人間の抜け毛は環境の変化、季節の変化などで増えたり、減ったりするものです。季節の変わり目の抜け毛は良くある話なので、そういった場合には気を早くせず、少し猶予をあけて判断した方がいいでしょう。

AGA・薄毛は遺伝子も大きい

AGAや薄毛は遺伝子的な原因も大きく関係しています。一説では遺伝子でAGAはすべて決まるということも言われているくらいです。なぜ薄毛になるのか?ということを明確に表記しようとすると、遺伝子がその核を持っているからという判断になるようです。

遺伝子は3代まで続くとも言われているくらい、遺伝子は大きく関わってきています。その遺伝子の配分も父型、母型といって、分配されているので、同じ遺伝子を持っている兄弟でもAGAになるパターンとならないパターンがあるんです。

未だに薄毛に関しては科学的な根拠があるものは少ないのが現状です。AGA治療という治療方法が科学的・医学的に確率はされていますが、まだまだ未発展な治療であり、病気(コンプレックス)であることは確かです。

このサイトでも多くのAGA・薄毛の知識を紹介していますが、それについて科学的な根拠がないものがほとんどです。科学的には証明されていないが、数字的に(データ的に)明らかな違いがでているという根拠があります。

すべて科学的な根拠が正論というわけではなく、AGAに限らず他の難病でも民間療法によって完治した例などは山ほどあります。だからこそ、個人差という部分が大きく摂りざさられているのです。まずは諦めずに、AGA・薄毛の知識を踏まえて、それらの方法を実際に試してみる事が重要なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ