AGA治療薬について~AGA治療薬は大きく別けて2種類!!~

otoko0265_LL

薄毛で悩んでいる人であれば、AGA治療薬という言葉を知っているはずです。

しかし、AGA治療薬についてどんな薬なのか?どんな仕組みで薄毛に効果があるのか?知っている人は少ないと思います。ここでは、そんなAGA治療薬を簡単に説明したいと思います。

AGA治療薬とは?

AGA治療薬は薄毛・抜け毛など男性型脱毛症(AGA)に特化した治療薬です。世界的にも使われている治療薬で、日本では処方箋なしに手に入れる事はできません。ネットで販売されているAGA治療薬は海外からの個人輸入の商品のため購入できますが、病院に行って処方されれば保険が適用されるので半額以下の値段で同じものを使える事ができます。

しかし、薄毛はコンプレックスが強いものなので、薄毛で病院に行くというのが億劫な人にはネットで購入できるのはありがたいですね。最近では色々なAGA治療薬が存在していますが、治療薬自体は増えていますが、その治療薬の基本的な仕組みはほとんど同じなんです。

AGA治療薬には大きく別けて2種類

AGA治療薬にはミノキシジルを使った薬とフィナステリドを使った薬の2種類が基本です。

これらは、いわゆる成分になります。治療薬の有効成分なので、商品名とは違います。しかし、ミノキシジルに関してはミノキシジルタブレットなどという治療薬にそのまま用いられていることがあるので、少しややこしいです。基本的にAGA治療薬はどちらかの成分を使って作られているんです。

ミノキシジル

ミノキシジルは血流を改善してくれる成分になります。簡単に言えば、髪の毛に栄養を運んでくれている血流がイマイチだから、髪の毛が生えない・成長しないという仕組みのもとで効果があると証明された成分になります。また、ミノキシジルという成分は内服でも外用でも使えるのが特徴になります。

体の内・外どちらからでも使用できるということで、世界的に有名なAGA治療薬の成分です。どちらかというと、抜け毛を抑えるというよりは髪の毛を生やす・成長させるための治療薬だと言われています。

フィナステリド

フィナステリドはもともと前立腺肥大という病気の治療薬として開発され、使用されていた成分(薬)です。その治療の際に副作用として現れたのが発毛・剛毛です。その副作用を逆手にとって研究が進められ今ではAGA治療薬としてとても有名な成分になりました。

フィナステリドは男性ホルモンのDHCと呼ばれる物質を阻害する働きがあり、言うならばDHCという物質が抜け毛を斡旋し、発毛を阻害しているのでこれを阻害する働きをすることでAGA治療薬に用いられました。

しかし、実際のところ、フィナステリドは発毛効果としてはそこまで高くありません。どちらかというと、抜け毛を抑える働きや薄毛の進行を和らげるという効果になります。確かにこういった効果も重要ではありますが、発毛ではないので、フィナステリドだけを使ったAGA治療だと効果が見えるまでにかなり時間がかかってしまうようです。

AGA治療薬は主にこの2種類の成分を軸にして作られています。また、これらの成分を使ったジェネリックAGA治療薬も多く開発され、世界で使われています。

今では、この2種類を使ってAGA治療を進めていくのが一般的になります。しかし、どちらの成分にも副作用があり、長い間治療薬の服用を続けていると多くの面で副作用がでているようです。

治療薬を使用する際は医師の相談の元で、服用を継続していくことをオススメします。そもそも、そういった副作用が見られるからこそ、市販では販売されすずに、日本では処方箋を持っていないと手に入れる事ができないのです。

2種類のAGA治療薬はアプローチが全く違う

上記でミノキシジルとフィナステリドという2種類のAGA治療薬のメカニズムを紹介しましたが、両方共育毛に対するアプローチが全然異なっていることに気づいてもらえたかと思います。

  • ミノキシジル=血流
  • フィナステリド=男性ホルモン

簡単に言ってしまえば、2つの治療薬のアプローチはこんな感じです。

どちらも、育毛に対して国が認めるほど効果的なのは間違いありませんが、育毛理論が根本から違うんです。この根本から考え方が違う2つのAGA治療薬が医療現場で使われているほどなのはAGAの原因が大きく2通りあるということを表しています。

なぜ人はハゲるのか?という部分の話にもなりますが、この2つの治療薬が効果的であるがゆえに、そのアプローチする部分こそが薄毛・AGAの原因なのです。

ミノキシジルからわかるAGAの原因

ミノキシジルの考えの場合だと、血流が悪くなるから育毛に必要な成分をしっかりと毛根まで届けることができない。

栄養が供給されない毛根は元気がなくなり、やがては死んでしまう。だから、血流を良くする成分であるミノキシジルを使えば、毛根までまた栄養が届けられるようになり育毛が成立するってことです。

つまり、ハゲる原因は血液が頭皮までしっかり流れていないからとなります。

フィナステリドからわかるAGAの原因

一方、フィナステリドの場合だと、男性ホルモンのDHTと呼ばれる物質が血液にのって毛根まで送り届けられる。送り届けられた、DHTが毛根付近の細胞を壊してしまい髪の毛が育たなくなり薄毛が進行するという理論です。

男性ホルモンにはテストステロンという物質が大半をしめていますが、5αリダクターゼという物質も男性ホルモンの1種です。しかし、5αリダクターゼは時としてテストステロンを攻撃し、DHTという物質に変化させてしまうんです。

このDHTが毛根にとっては天敵であり、その天敵が髪の毛の栄養と一緒に毛根のとろこまで送り届けられることで薄毛が進行してしまいます。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを低下させることで、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぐことで育毛効果を与えています。

つまり、ハゲる原因は5αリダクターゼが活発に働きテストステロンをDHTに変化させてしまうからとなります。

こうやって仕組みから説明すると、2つのAGA治療薬は全く違うアプローチで薄毛を予防し、薄毛改善効果を与えていることになります。

つまり、この2つのAGA治療薬は同時に使うことも可能になります。

このカテゴリー記事

  • AGAの特徴と初期判断!!AGAの特徴と初期判断!! AGAはなかなか判断が難しいものです。特に自分ではなかなか判断しずらいものだと思っていいでしょう。しかし、当サイトでも紹介している通り、AGAや薄毛は初期段階からの治療だと高い確 […]
  • 日本男性の薄毛率(AGA率)は何と・・・26.78%!!日本男性の薄毛率(AGA率)は何と・・・26.78%!! 日本人男性の薄毛率(AGA)は約27%だと言われています。 全ての男性を対象にしたデータではないので完璧な薄毛率ではありませんが、だいたい日本では3人に1人が薄毛( […]
  • 結局ハゲは治るようになった病なの?まだ治らない病なの?結局ハゲは治るようになった病なの?まだ治らない病なの? AGA治療薬や育毛剤・育毛サロンなど、「ハゲに効く!ハゲを治す!」と言っている手段はたくさんありますが、結局のところハゲは治るようになったのか?というのはかなり気になるこ […]
  • 薄毛のサイン!?これを見逃すな!!薄毛のサイン!?これを見逃すな!! 日本男性の約27%が薄毛と言うデータは有名な話ですね。そんな薄毛ですが、最近では若者にも例がみられるようです。若くして薄毛・AGAになることを若年性男性型脱毛症と言います […]
  • 薄毛(AGA)は遺伝が全て・・・?薄毛(AGA)は遺伝が全て・・・? AGA(男性型脱毛症)=薄毛ですが、色々な研究が進められていますが、いまだに「コレだーーー!」という絶対的な原因は分かっていないのが現実です。 有力な説はありますが […]
サブコンテンツ

このページの先頭へ