薄毛のサイン!?これを見逃すな!!

0314a

日本男性の約27%が薄毛と言うデータは有名な話ですね。そんな薄毛ですが、最近では若者にも例がみられるようです。若くして薄毛・AGAになることを若年性男性型脱毛症と言います。今までは中高年の悩みだった薄毛ですが、時代の変化によって若者にも多くみられるんです。

では、なぜ若くしてAGAや薄毛になってしまうのか、、、と言いますと、ズバリこれ!といった原因は分かっていません。

遺伝子、生活習慣の乱れ、睡眠、ストレス、喫煙、飲酒…などなど多くのことが考えられるので、若くして薄毛に悩んでいる人にこの原因をズバリ当てることは不可能です。これがAGA・薄毛の厄介な部分なんです。

原因さえわかれば、的確な予防や治療ができるので、薄毛の治療率もかなり高くなるのでしょうが、明確な薄毛・AGAの原因はいまだに解明されていないのが現実。

しかし、薄毛には前兆・サインがあった!

明確な薄毛・AGAの原因は分かっていませんが、ハゲていく前兆、すなわち薄毛のサイン・前兆は分かりやすく男性の体に出てきます。当サイトでも何度も言っているように、薄毛を改善するのであれば、早ければ早いほど良い!ということ。

その理論で言えば、薄毛のサイン・前兆を見抜くことができれば、薄毛の改善・予防が効果的になることは間違いありません。

頭皮の痒み&フケ

頭皮の痒みがでて、フケがいつも以上に発生している場合は薄毛のサインだと思っていいでしょう。そもそも、頭皮が硬い人や頭皮に赤い部分がある人は要注意です。その上で痒みがでている場合はかなり危険信号だと思っていいでしょう。

フケに関しても同様で、頭皮を掻いてしまっているときのフケの量に注目しておきましょう。目に見えるように、体感できるくらいフケの量が多くなったの感じている人は薄毛の前兆だと思ってください。

元気のない抜け毛

薄毛の前兆と言えば「抜け毛」!!と思う人は多いと思います。

もちろん、抜け毛の量が増えると薄毛の前兆というのは間違いではありませんし、急激に抜け毛が増えたならそれは危険信号です。しかし、もう一つ注目してほしいのが、”抜け毛の質”になります。

抜け毛の質というとわかりにくいですが、どんな髪の毛が抜けているのかに注目しましょう。しっかり毛根があった抜け毛であれば、まだまだセーフです。しかし、まだまだ成長途中の抜け毛が抜けている場合は危険信号になります。

これはヘアサイクルのページで話したように、髪の毛は誕生⇒成長⇒成熟⇒抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。ヘアサイクルが正常であれば、成熟した髪の毛が抜け落ちるのですが、薄毛の前兆の場合は誕生あるいは、成長途中の髪の毛が抜けているパターンが多くみられるのです。

今後は髪の毛の量だけではなく、髪の毛の質にも注目しておきましょう。

抜け毛の毛根が細い

抜け毛はハゲていない通常の人でも当然あります。

上記でも言ったとおり、抜け毛の質が問題であることは確かなんですが、注目するべきは抜け毛の毛根です。この抜け毛の毛根が細いか?太いか?によって薄毛の危険度は高まるといってもいいでしょう。

nukege

 

正常な抜け毛であるなら、しっかりと抜け毛の先に丸い毛根がついています。

しかし、その丸い部分が極度に細かったり、変な形をしていると薄毛の進行は少なからず進んでいると思っていいでしょう。特に毛根がついていない?と思えるほど、細ければかなり危険だと思ったほうがいいでしょう。

通常元気のある髪の毛や抜け毛はしっかり毛根が育っています。

細いというこては、あるいみ抜けて当然と思えるほど、毛根から髪の毛が弱っているという判断ができるんです。

頭皮がベタつきだす

頭皮がべたつく=頭皮が脂っぽいということです。

頭皮に脂が多いといのは、皮脂が過剰に分泌されている状態と言ってもいいでしょう。従来、必要最低限の皮脂は必要なのですが、それが過度に分泌されているため頭皮ベタつき始めます。

なぜ過剰に分泌されているのか?を紐解いていくと、つまるところ頭皮の皮膚状態が良くないっていうことになります。

そもそも人間の皮膚から皮脂が分泌されるのは、皮膚の潤いを保つためです。言い換えれば、バリア機能のために皮脂は分泌されています。そのバリア機能をフルに使っている頭皮となれば、皮脂はいよいよ頭皮の状態が悪いぞ!と通知しているようなもんなんです。

頭皮の状態が正常に働いていないというのは、髪が育ちにくい環境であるので、これを続けていれば薄毛が進行する確率は高くなります。

頭皮がべたつく=頭皮が危険信号を知らせてくれていると思っておいていいでしょう。

だからといって、シャンプーで強くあらったり、何度も髪を洗ってベタつきを取り除くのもNGです。そうなると、皮脂はせっかく作り上げたバリア機能を壊されたと思い、返って皮脂を多く分泌する傾向にあるんです。

どれだけベタついても過度な洗髪は控えましょう。

皮脂が多く分泌されるのは頭皮の表面上の問題ではなく、食生活での脂分の摂り過ぎや、食べ過ぎによる高コレステロール値が考えられるので、生活習慣の改善が重要になります。

頭皮が硬くなってきている。

これもよく言われる薄毛のサインです。

頭皮の硬さは拳を握った時の手の甲の皮膚ぐらいが理想だと言われています。

janken_01l

頭皮が硬いというのは血行が悪くなってきている証拠ともいえます。

だから、頭皮マッサージなども頭皮を柔らかくするために行っている薄毛対策の1つです。

特に薄毛が始まりやすい、ツムジ付近とおでこの生え際付近の頭皮が硬くなって、手の甲よりも硬い状況は薄毛のリスクが高まっていると思っていいでしょう。

 

このカテゴリー記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ